スポンサードリンク

スポンサードリンク

建造物

日本三大ダムを知ってる?黒部、御母衣、奥只見のどれが1番?

投稿日:

こんにちは!

今回の日本三大◯◯は、「ダム」!

をご紹介します。

 

ダムとは、簡単にいうと

「水を貯めている所」ですよね。

 

その理由は川の氾濫を防ぐためとも、

水力発電を行うためとも色々あります。

 

そんなダムにも日本三大があるのをご存知ですか?

今回は、三大ダムについて詳しく調べてみましたので、

ぜひ最後までお楽しみください。

では、まいりましょう!

日本三大ダムとは?

日本三大ダムとは、どこのことをいうのでしょうか。

日本にはダムは約3,000箇所あると言われています。

その中で、大きなダムとして一般的にも有名な

以下の3つが日本三大ダムとされています。

 

・黒部ダム

・御母衣ダム

・奥只見ダム

 

それぞれどのような特徴があるのか、詳しくみていきましょう。

【スポンサードリンク】

黒部ダム

黒部ダム(くろべだむ)は、富山県の立山町にあり、

3,000m級の山々が連なる富山県と長野県との県境に位置します。

 

えん堤は日本最大の高さで186mもあり、

長さ492mのアーチ式コンクリートダムです。

貯水量は2億トンもあり、水力発電専用のダムとして建設されました。

 

山岳観光ルートである「立山黒部アルペンルート」が人気で、

黒部ダムも、その見所の一つとして人気です。

 

【黒部ダム・立山黒部アルペンルート営業期間】

2019年の観光期間は4月中旬~11月30日(土)となります。

黒部ダム名物として「観光放水」があります。

 

景観維持を目的に毎年決まった時期に行っているそうで、

毎秒10トンという大量の放水は圧巻で、

放水にかかる虹も楽しめるそうです。

ずっと見ていても飽きずに見続けられそうですよね。

【観光放水期間】

・6月26日~7月31日 6:00~17:30

・8月1日~9月10日  6:30~17:00

・9月11日~10月15日 7:00~16:30

※天候などにより放水を中止する場合もあります。

 

名物の「黒部ダムカレー」というものもあるそうです。

地域の各店舗で、それぞれ趣向を凝らしたカレーを販売しているので、

食べ歩きをする人も増えているそうです!

【スポンサードリンク】

御母衣ダム

御母衣ダム(みぼろだむ)は、

岐阜県大野郡白川村に建設されたダムです。

 

発電専用ダムで、高さは131mの

日本初の大規模ロックフィルダム

(石や土砂、粘土などを積み上げてできたダム)

として建設されました。

 

完成当時は、「東洋一のロックフィルダム」

「20世紀のピラミッド」などと呼ばれたそうです。

 

御母衣ダムの建設の際には、荘川村および白川村の

一部の水没を伴いました。

 

荘川村および白川村には、現在世界遺産に登録されている

「白川郷」にあるような、合掌造りの建物があり、

のどかな生活がおくられていたようです。

 

水没する位置にあった老桜を移植した話は有名で、

現在も「荘川桜(しょうかわざくら)」と呼ばれ、

春には満開の花を観に多くの観光客が訪れます。

 

この荘川桜は、岐阜県指定の天然記念物に指定されています。

御母衣ダムに観光に行った際には、

白川郷も合わせて観光してみてくださいね。

奥只見ダム

奥只見ダム(おくただみだむ)は、

福島県南会津郡桧枝岐村と新潟県魚沼市の間に位置します。

 

発電専用ダムで、高さは157m、全長480mの

日本最大の直線重力式コンクリートダムです。

同じ形のダムの中では日本一の高さを誇ります。

 

貯水量は約6億㎥で、なんと黒部ダムの約3倍にあたります。

一般水力としては国内最大の出力があるそうです。

 

奥只見ダムによって形成された人造湖である奥只見湖には、

奥只見湖を周遊する遊覧船もあり、

四季折々の大自然の風景を湖上から楽しめると、

観光客で賑わっています。

 

映画化もされた真保裕一さんの小説「ホワイトアウト」のモデルが

奥只見ダムとされています。

(映画撮影の舞台は黒部ダムみたいです)

 

なお、こちらでも「奥只見ダムカレー」がありました。

奥只見ダム周辺の食堂などで提供されているようなので、

ぜひ探してみてくださいね。

【スポンサードリンク】

1位はどれ?

以上の3つが日本三大ダムとされていますが、

この中で1位を決めるとしたらどこになるでしょうか。

 

単純に高さだけであれば、黒部ダム、

貯水量でいうと奥只見ダムとなります。

 

そして、いずれも発電専用のダムということで、

発電力で比較すると、奥只見ダムが最大となります。

このような規模の大きさで考えると、

総合的にみて奥只見ダムだと言えるかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

戦後復興の電力不足の解消として建設されたダムも多く、

今の生活があるのは、このような大規模なダムのおかげかもしれません。

観光としても人気のダム。雄大な自然を味わいに、また、

気になる「ダムカレー」も味わいに行ってみてはいかがでしょうか!?

LINEで送る

スポンサードリンク

-建造物
-, , , , , ,

Copyright© 日本三大大全集 , 2020 All Rights Reserved.