スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポーツ

日本三大打者って誰?野球好きならさらっと答えたい!

更新日:

こんにちは!

今回の日本三大◯◯は野球の「打者」

 

野球が好きな人ならさらっと答えられるかもしれませんね!

日本三大打者とされる方について調べてみましたので

最後までお楽しみください。

ではまいりましょう!

日本三大打者とは?

日本三大打者とは誰でしょうか。

まず、打者をランク付けするにあたり、

何を基準とするかですが、

ここでは「打率」に焦点を当てて考えたいと思います。

打率とは、

 

打席数(バッターボックスに立った回数)から、

犠打、犠飛、四死球を除いた打数のうち、

安打の割合を表したもの

 

となります。

[打率]=[安打数]÷[打数]

打率の数字が高いほど、

「安定感がある」「確実性の高い打者」

ということになります。

 

2018年シーズン終了時点、通算4,000打数以上を

対象として、ランキングを見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

第1位

通算打率で第1位は、

「青木宣親(あおきのりちか)」

選手でした。

青木選手は現在もヤクルトで現役で活躍している選手です。

4,395打数のうち1,446安打で打率が「.329」

となります。

 

現役選手ということもあり、今後の成績でまた打率が

変わってくるので、どうなっていくのか楽しみでもあります。

第2位

通算打率で第2位は、

「レロン・リー」

選手でした。

1977年から1987年にロッテオリオンズに在籍し

活躍した選手で、

4,934打数に対し1,579安打で打率が「.320」

です。

 

2018年に現在1位の青木選手が記録を上回るまで、

長らく1位に君臨してきました。

【スポンサードリンク】

第3位

通算打率で第3位は、

「若松勉(わかまつつとむ)」

選手でした。

1971年から1989年に

ヤクルトアトムズ・スワローズで活躍した選手で、

6,808打数に対し2,173安打で、打率が「.31918」

となります。

 

プロ1年目から打率3割を記録し、

それ以降も毎年のように3割をキープし、

リー選手に抜かれるまで長い間通算打率1位の座を

守ってきました。

【スポンサードリンク】

他にもいる有名打者

長い野球の歴史の中でも、通算打率(4,000打数以上)で

3割以上を記録している選手は少なく、2018年現在では

現役選手も含め、25人しかいません。

 

25人のうち、現役である内川聖一選手、糸井嘉男選手などが、

その記録を伸ばすのかどうか、楽しみに見守っていきたいですね。

 

ランキング上位の3名を除いて、有名打者を挙げてみると、

 

・張本勲さん(.31915)

・落合博満さん(.3108)

・長嶋茂雄さん(.305)

・王貞治さん(.3011)

 

が入ってきます。誰もが知っている方々ですね。

 

上記の方々は、首位打者(シーズン中最も打率の高い打者)に

選ばれた回数が多く、張本勲さんで7回、長嶋茂雄さんで6回、

落合博満さんで5回、王貞治さんで5回となり、

いかに現役時代に活躍されていたかが分かります。

 

イチローは?と思った方もいるかもしれません。

イチローも、首位打者には7回選ばれています。

ただ、イチローの日本における記録は

3,619打数1,278安打の.353となり、

ランキング入りするには打数が足りないのです。

 

もしまた日本でプレーすることがあれば、

ランキング1位になる可能性も高いので楽しみですね。

まとめ

いかがでしたか。好きなチームを応援するのも、

好きな選手を応援するのも、こうした記録を元に観ていくと

より面白いかもしれません。

ぜひ、このあたりをチェックして楽しんでみてくださいね。

LINEで送る

スポンサードリンク

-スポーツ
-, , , , ,

Copyright© 日本三大大全集 , 2020 All Rights Reserved.