スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポーツ

日本三大大学駅伝とは?箱根駅伝以外に何があるの?

投稿日:

こんにちは!

今回は「大学駅伝」の日本三大をご紹介します。

駅伝といえば、年始に開催される箱根駅伝が有名ですが、

そのほかにどのような駅伝があるのでしょうか。

今回も詳しく調べてみましたので、ぜひ最後までお楽しみください。

では、まいりましょう!

日本三大大学駅伝とは?

日本三大駅伝とはなんでしょうか。

駅伝とは、駅伝競走のことで、数人で長距離をリレー形式で走り、

たすきをつなぎ、タイムを競う競技のことをいいます。

 

大学駅伝は、全国大会や地方大会を合わせて7大会ありますが、

日本三大大学駅伝は、以下の三つの駅伝のことをいいます。

 

・出雲駅伝(出雲全日本大学選抜駅伝競走)

・全日本大学駅伝(全日本大学駅伝対校選手権大会)

・箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)

 

同シーズンに上記3大会を優勝することを「三冠」と言い、

今まで三冠を取った大学は大東文化大学、順天堂大学、早稲田大学、青山学院大学

であるとされています。

それぞれどのような大会なのか、詳しくみていきましょう。

出雲駅伝とは

「出雲駅伝」は、1989年から出雲市と社会法人日本学生陸上競技連合主催で

開催されている大会で、毎年10月の体育の日に開催されます。

大学駅伝シーズンの幕開けを飾る大会とされています。

 

三大駅伝の中では全体の区間が短く、「高速駅伝・スピード駅伝」とも呼ばれており、

順位が目まぐるしく変わるという特徴があります。

 

また、他の三大駅伝と比べて外国人留学生の出場制限がないため、

留学生が複数起用されるという特徴もあります。

 

現在は、出雲大社正面鳥居前をスタート地点とし、

ゴール地点は出雲ドーム前の総距離45.1kmのコースとなっています。

2018年までの優勝回数をみると、山梨学院大学が6回で最多となり、

次いで日本大学が5回で2位、東海大学と青山学院大学が4回で同率3位となっています。

 

■大会情報

・開催日 2019年10月14日(月)体育の日

(2018年大会の様子)

【スポンサードリンク】

全日本大学駅伝とは

「全日本大学駅伝」は、1970年より毎年秋に開催される大会で、

日本一の大学駅伝チームを決める大会です。

各地区の予選会も開催される全国規模の駅伝大会です。

 

コースは、愛知県名古屋市の熱田神宮西門前から、

三重県伊勢市の伊勢神宮内宮宇治橋前までの、総距離106.8kmとなっています。

 

1988年より関東地区の出場枠が増枠され、

有力なランナーが所属する関東地区の大学が上位を占めるようになり、

全国的な大会であるにも関わらず、箱根駅伝の前哨戦と扱われてしまう傾向があります。

 

2018年までの優勝回数をみると、駒澤大学が12回で最多となり、次いで日本体育大学が11回、

大東文化大学が7回で3位となっています。

 

■大会情報

開催日 2019年11月3日(日・祝)

(2018年大会の様子)

【スポンサードリンク】

箱根駅伝とは

「箱根駅伝」は、毎年1月2日と1月3日の2日間にわたり開催される駅伝大会で、

関東学生陸上競技連盟が主催し、読売新聞社が共催しています。

全国でテレビ中継が放映されており、年始の楽しみにしている方も多いと思います。

 

1920年に第一回大会が実施されました。

開始に際して、日本人初の五輪選手である金栗四三(かなくりしそう)が

発案したことがきっかけであり、別の説として、

飛脚制度を基にし、手紙に見立てたたすきをつなぐという、

観光イベントだったという説もあります。

 

コースは、東京千代田区の読売新聞東京本社ビル前から、

神奈川県足柄下郡箱根町・芦ノ湖までの往復で、

往路が107.5km、復路が109.6kmの計217.1kmです。

長いコースの間には箱根の山を越える過酷な区間もあり、

例年様々なドラマが生まれています。

 

2019年までの優勝回数をみると、中央大学が14回で最多となり、

次いで早稲田大学が13回、日本大学が12回となっていました。

 

■大会情報

・開催日 1月2日・3日

(2019年大会の様子)

大学駅伝の歴史

日本で最初に行われた駅伝は、1917年の「東京奠都記念東海道駅伝徒歩競争」で、

総距離516kmを全23区のコースで行われました。

 

その後駅伝が広く広まったのは、やはり「マラソンの父」と呼ばれる

金栗四三の尽力が大きくあります。

先の東海道駅伝徒歩競争にも出場した金栗四三は、

日本人の長距離選手を育成するために、箱根駅伝の開催に尽力し、

1920年に箱根駅伝の第一回が開催されました。

 

その後、箱根駅伝へ出場できない大学などが声をあげ、

1970年に全日本大学駅伝が東海地区で実施されることになりました。

その後、1989年に、駅伝シーズンの幕開けを飾る大会として、

また、出雲駅伝が開催されるようになりました。

 

この三大駅伝はそれぞれ、出雲大社や伊勢神宮、富士山を目指す箱根など、

日本人にとって神聖な場所を移動する競技で、

走る本人も、応援する方もなんとなく清々しい気持ちになりますね。

まとめ

いかがでしたか。

どの駅伝大会も開催ごとにドラマがあり、観戦している方も熱が入りますよね。

コースの近くにお住いの方も、そうでない方も、沿道で選手を応援し、

一緒に盛り上がってみるのも面白いかもしれませんね。

LINEで送る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-スポーツ
-, , , , , ,

Copyright© 日本三大大全集 , 2020 All Rights Reserved.