スポンサードリンク

スポンサードリンク

文化・行事

日本三大の映画賞ってなんだ?日本映画界が日本の役者に贈る賞

更新日:

こんにちは!

今回は、「映画賞」の日本三大をご紹介します。

 

映画賞といえば、有名なのは当然アカデミー賞ですが、

日本にも独自の映画賞があるのをご存知ですか。

その日本三大とはどんな賞のことなのでしょうか。

今回も詳しく調べてみましたので、ぜひ最後までお楽しみください。

では、まいりましょう!

日本三大映画賞とは?

日本三大映画賞とはどのような賞なのでしょうか。

映画賞とは、映画に与えられる様々な賞のことですが、

日本における三大映画賞は、以下の3つになります。

 

・日本アカデミー賞

・ブルーリボン賞

・キネマ旬報賞

 

名前を耳にしたことがある方もいるかと思います。

それぞれどのような賞なのか、詳しくみていきましょう。

日本アカデミー賞とは

日本アカデミー賞(にっぽんあかでみーしょう)は、

米国アカデミーの正式許諾を得て日本アカデミー賞協会が主催し、

1978年4月6日から毎年催されている映画賞です。

 

授賞式の前々年の12月中旬から前年の12月中旬に公開された映画の中から

日本アカデミー賞協会会員による投票によりノミネート作品(優秀賞)が決まり、

その中から最優秀賞が競われます。

 

日本アカデミー賞協会の会員は、国内の映画監督、プロデューサー、俳優、

その他映画に携わる映画関係者などにより構成され、

2018年時点で3,960名所属しています。

 

まさに、「日本映画人による日本映画人のための日本映画の祭典」です。

作品賞や監督賞、主演男優賞、主演女優賞などの正賞が15部門と、

そのほかに新人俳優賞などがあります。

 

正賞の15部門は、ノミネートされた優秀賞の中から最優秀賞が選ばれるので、

TV中継を見ている私たちも、何が(誰が)選ばれるのかワクワクしますよね。

また、照明賞や美術賞など、技術に関する賞も設けられているのも特徴で、

映画制作への愛情が感じられます。

 

■正賞

・作品賞

・アニメーション作品賞

・監督賞

・脚本賞

・主演男優賞

・主演女優賞

・助演男優賞

・助演女優賞

・音楽賞

・撮影賞

・照明賞

・美術賞

・録音賞

・編集賞

・外国作品賞

 

■その他の賞

・新人俳優賞

・話題賞(作品・俳優)

・協会特別賞

・協会栄誉賞

・会長特別賞

・会長功労賞

・岡田茂賞

 

第43回授賞式は、2020年3月6日(金)に開催されるようです。

 

前回の最優秀作品賞『万引き家族』も印象深いですが、

次回、どんな作品が受賞するのか、ぜひチェックしてみてくださいね。

ブルーリボン賞

ブルーリボン賞は、1950年に「東京映画記者会賞」という名で始まった映画賞です。

その後、現在の「ブルーリボン賞」に改称され、東京のスポーツ紙(スポーツ報知、

デイリースポーツ、サンケイスポーツ、東京中日スポーツ、東京スポーツ、

スポーツニッポン、日刊スポーツの7紙)の映画担当記者による

「東京映画記者会」の主催で行われています。

 

毎年1月1日から12月31日の期間に首都圏で公開された全作品が対象となり、

記者会員全員による投票でノミネートされた中から、

選考会や投票で各賞の対象を決定します。

 

賞は、作品賞・個人賞など合わせて8部門の賞があります。

受賞者へは、青いリボンが結ばれた賞状と、記者の象徴であるペン

(モンブランの万年筆)が贈られます。

 

授賞式の司会者は、前年度の主演男優賞、主演女優賞を獲得した俳優が行います。

2018年度の受賞者は、主演男優賞が『終わった人』の舘ひろしさん、

主演女優賞が『止められるか、俺たちを』の門脇麦さんになるので、

2019年度の授賞式の進行姿も楽しみですね。

 

また、2018年の作品賞は『カメラを止めるな!』でした。

2019年にはどのような話題の映画が出てくるのか、

こちらも楽しみにチェックしたいと思います。

■賞について

・作品賞

・監督賞

・主演男優賞

・主演女優賞

・助演男優賞

・助演女優賞

・新人賞

・外国作品賞

【スポンサードリンク】

キネマ旬報賞

キネマ旬報賞とは、日本最古の映画誌『キネマ旬報』が主催する映画賞です。

 

「キネマ旬報ベスト・テン」という名で1924年に開始され、

アメリカのアカデミー賞よりも長い歴史を持つ、

世界最古クラスの映画賞と言われています。

 

当初は、「芸術的に最も優れた映画」、「娯楽的に最も優れた映画」の

2部門のみで、対象も外国映画のみとなっていました。

 

1926年には日本映画のクオリティが上がったこともあり、

日本映画と外国映画の2部門に分けたベスト・テンとなりました。

現在は、日本、海外映画のベストテンに加え、監督賞や個人賞など、

様々な賞が表彰されています。

 

各賞の選出については、映画評論家や日本映画記者クラブ員など、

映画を多くみている者に限定され、年齢幅も広いため、

最も中立的で信頼できる映画賞とも言われています。

 

■賞について

・日本映画ベスト・テン

・外国映画ベスト・テン

・文化映画作品賞

・日本映画監督賞

・外国映画監督賞

・日本映画脚本賞

・日本映画主演男優賞

・日本映画主演女優賞

・日本映画助演男優賞

・日本映画助演女優賞

・日本映画新人男優賞

・日本映画新人女優賞

・読者選出日本映画監督賞

・読者選出外国映画監督賞

・キネマ旬報読者賞

 

なお、2018年度の日本映画ベスト・テンの1位は『万引き家族』でした。

2位は『菊とギロチン』、3位は『きみの鳥はうたえる』という作品で、

日本アカデミー賞やブルーリボン賞にノミネートされていない映画も

多くランクインしていました。

それぞれの映画賞が独自の視点で選出しているのがわかり、興味深いですね。

【スポンサードリンク】

その他の国内映画賞

日本三大映画賞以外にも、国内には様々な賞があります。

 

・毎日映画コンクール

毎日映画コンクールは、毎日新聞社やスポーツニッポン新聞社などが主催する

映画賞で、1946年に創設された、歴史ある国内最高峰の映画賞です。

映画評論家やジャーナリストなど、映画界で第一線で活躍しているメンバーなどが

選考に関わり、作品部門や個人部門、スタッフ部門など様々な賞が決定します。

 

・報知映画賞

報知映画賞は、報知新聞社が主催する映画賞で、1976年に設立されました。

受賞者の発表が毎年11月、授賞式が12月に行われるなど、他の映画賞よりも

時期が早いため、他の映画賞の目安としてみられることもあります。

まとめ

いかがでしたか。

それぞれの賞が、色々な視点により選ばれていることがわかりました。

今後どのような面白い映画が作られ、それぞれの映画賞でどの作品が選ばれるのか、

楽しみにチェックしてみてくださいね。

LINEで送る

スポンサードリンク

-文化・行事
-, , , , , , ,

Copyright© 日本三大大全集 , 2020 All Rights Reserved.